虎ノ門  秋の東京・田舎めぐり

秋の一日、山あいの町で若い女性が路線バスをノンビリ待っている――というわけではありません。
ここは東京のど真ん中、虎ノ門3丁目。 JR新橋駅も霞が関も、目と鼻の先です。
背景の紅葉は、愛宕山です。
c0080357_19474976.jpg

風景写真  スナップ、スナップ写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-11-25 19:52 | 虎ノ門/愛宕/増上寺 | Comments(24)
Commented by Rambler5439 at 2006-11-25 20:40 x
とてもビックリしたとき、東北の海辺にあるぼくの故郷では「おったまげた」と言います。おったまげました。虎ノ門5丁目は知り合いの事務所を訪ねるついでに何度か歩いたことがあるのですが、3丁目にこんな風景が隠れていたとは・・・。たぶんこの画角でこの部分を切り取ったときだけ、意表をつく光景が出現するのでしないでしょうか。とにかく、おったまげました。
Commented by lucca-truth at 2006-11-25 21:12
こんばんわ
6月に愛宕神社の千日詣りに行ってきました。
とても都内とは思えない愛宕山にびっくりしましたが、
ここは気がつきませんでした。
ほんとに、一昔前の風景ですね。
Commented by マフィンマン at 2006-11-25 21:34 x
Rambler5439さん
『おったまげた』 の名詞形は、『おったまゲーション』 ですよね。
竹内商店の斜め前には魚屋もあります。数か月前に見たときは営業していましたが、現在は不明です(撮影は23日です)。
Commented by マフィンマン at 2006-11-25 21:36 x
lucca-truthさん
愛宕山周辺は、何故か分かりませんが、時が止まったような家屋が多く見受けられます。周辺には商業ビルが林立しているので、平日は、闊歩するサラリーマン&ウーマンとコラボッた風景が展開されます。
Commented by 風俗散歩 at 2006-11-25 21:47 x
虎ノ門3丁目というと、映画の「ALWAYS三丁目の夕日」の舞台になったあたりでしょうか。昔の風景が残されていたとは驚きです。
Commented by jitensya7 at 2006-11-25 21:49
東京のど真ん中でこんな光景が撮れるとはおもしろいですね。すぐ近くに大都市の風景が見られるとは思えないですね。
今日、下にある勝どきへ行ってきました。片づけているおばちゃんがモデル代をもらうよと冗談を言っていましたが、撮影には好意的でした。
トラックバックのやり方がよくわからないので、説明にこのBlogへのリンクをつけました。
Commented by マフィンマン at 2006-11-25 21:57 x
風俗散歩さん
>「ALWAYS三丁目の夕日」の舞台になったあたりでしょうか
すいません、まだ観てないんです。でも、この界隈は、ちょっとした長屋もあり、昭和の風景が残されていますよ。
Commented by マフィンマン at 2006-11-25 22:01 x
jitensya7 さん
>おばちゃんがモデル代をもらうよと冗談を言っていました
んん~、いい話ですねえ。おいらも、いろいろ話を聞かせてもらった住民に、お礼代わりにタンスの移動を手伝いました。
Commented by igu-kun at 2006-11-25 23:55
本当に田舎の風景のようです。切り口が素晴らしいですね。
虎ノ門や愛宕の辺りも以前彷徨ったのですが、果たしてこんなにのどかだったか。。
Commented by medkid at 2006-11-26 00:27 x
へぇ〜〜〜、こんな所が虎ノ門にあるんですか? びっくり!
ホントに田舎のようですね‥。
Commented by nobulinn at 2006-11-26 00:38
黙っていたら、奥多摩とかそのあたりかな~なんて思っちゃいそうです。
虎ノ門で、この風景・・・すばらしいと思います!
青いトタンと、ヘルメットの男性も良いですよね(^^)
Commented by korotyan27 at 2006-11-26 02:04
まるで地元の駅前のような風景が都内とはとても信じられません。
そろそろ紅葉も始まってくるとより田舎度がまして場所が
分からなくなりそうですね。
Commented by aoi_color at 2006-11-26 04:11
竹内商店の水色のトタン葺きも良いのですが、写っている女性がマイクを握っている様で気になります。
あと缶専用のゴミ箱、お掃除ロボットに見えない事も………どうですか?
Commented by マフィンマン at 2006-11-26 07:22 x
igu-kunさん
日比谷通りと愛宕通りに挟まれた虎ノ門3丁目および愛宕1丁目の界隈です。ただ、数か月前に比べ、新たにマンションが建設され始めており、昭和の風景は一部失われつつあります。
Commented by マフィンマン at 2006-11-26 07:26 x
medkidさん
虎ノ門と言うと、文部科学省(改築中)前の虎ノ門交差点界隈を連想しがちですが、実は結構広く、神谷町の駅前あたりも虎ノ門(5丁目)なんですね。愛宕もいいですよ。
Commented by マフィンマン at 2006-11-26 07:28 x
のぶりんさん
とは言え当然、オフィスビルも林立しているため、平日はこんなに閑散とはしておらず、道行くサラリーマン&ウーマンたちで賑わっています。これは休日の23日(木)に撮ったのですが、“閑散さ”を表現するには平日では困難です。
Commented by マフィンマン at 2006-11-26 07:31 x
korotyan27さん
撮影後、愛宕神社にも行きましたが、人なつこいネコたちが何匹もいて、ここでもまったりしました。おいらは、この日(23日)、虎ノ門・愛宕~新橋~銀座~勝どきと、久しぶりに徒歩でウロウロしました。
Commented by マフィンマン at 2006-11-26 07:34 x
あおいさん
この女性は、あたりを時折眺めてはノートのようなものにしきりに何か書き留めていました。何故か、 『 ひょっとして、あおいさんでは? スケッチでもしてるのかな 』 などと勝手に想像してしまいました。お掃除ロボット、面白いですねえ。白いヒゲが生えてますね。
Commented by rrb at 2006-11-26 13:12 x
こんにちはm(..)m

東京のど真ん中!? うそっ!? って感じです。
女性も男性もいいですが、自転車の存在がなんともいいです。
女性のでも男性のでもなさそうだし、お店のでなさそう。
絶妙な存在です(^^)
Commented by マフィンマン at 2006-11-26 17:02 x
rrbさん
この界隈は、寺が多いんですよ。ひょっとしたら、住職や墓参りの檀家筋の自転車とか(んなわけないか)。それにしても、この女性、何をしていたのかなあ。しきりにノートみたいなものに何かを書き留めていました。
Commented by futari_ensoku at 2006-11-26 17:27
こういう風景ってときどき都心にあるんですよね。私はこうしたところを選って歩いているような気がします。ほっとしますよね。
Commented by マフィンマン at 2006-11-26 20:58 x
futari_ensokuさん
実のところ東京は、そこら中に“真空地帯”があり、そいつらは、ひょいと角を曲がると突然目の前に現れたりします。真空地帯では、昭和時代のままで時が止まり、おふくろが作ってくれた汁粉のいい香りが漂っていたりします。
Commented by readymade_ayu at 2006-11-26 21:47
muffin-manさん、虎ノ門~愛宕は大好きな場所です。
寒い時期も良いですね。
女性も男性も立ちポーズがステキです。
Commented by マフィンマン at 2006-11-26 22:09 x
readymade_ayuさん
おいらは、この界隈の存在を14,5年前に知りました。バブル崩壊後にも関わらず、当時はもっと「昭和」が色濃く残っていて、仰天した記憶があります。でも、あの頃はカメラの趣味がなく、散策するだけでした。惜しいことをしました。
<< 虎ノ門  鈍く輝け! 昭和の蛇口 勝どき  洋子 赤ちゃんの時の... >>