勝どき  洋子 赤ちゃんの時の着物――思い出がさすらう

古い家具などの粗大ゴミであふれる長屋。
シャッターを切る時、ちょっと切なくなります。
住民たちの思い出が、居所を失い、路地をさすらっています。
c0080357_142982.jpg

c0080357_1423667.jpg

2枚目の写真は、臨時に設けられたゴミ置き場で撮った。
右下の衣装ケースの横に、小さな紙が貼ってある。
よく見ると、こう書かれている。

『 おばあさんの着物  男物の着物  洋子 赤ちゃんの時の着物など 』
(原文はカタカナと漢字。 名前は改変)

おばあさんは今も元気だろうか。 洋子ちゃんは健やかに育っただろうか――などと、想像を巡らしてしまう。
家族の新たな思い出が生まれんことを――と願いつつ、またシャッターを切る。

何てポエジーなおいら。
んが……、家具を片づけていた初老の男性は、
『 新しいマンションに住むのに、こんな小汚いタンスじゃ不似合いだよ、あはは 』
と、あっさり。 ぎゃふん!
スナップ、スナップ写真  街頭写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-11-25 01:47 | 築地/豊海町/豊洲/佃/葛西 | Comments(12)
Commented by lucca-truth at 2006-11-25 06:59
おはようございます
どんどん思い出が捨てられていくみたいで、ちょっと切ないですね。
勝鬨橋を渡って佃島に入ってしまったのですが、
もう一度歩いてみたくなりました。
Commented by Rambler5439 at 2006-11-25 09:53 x
外はまさに"勝どき日和"。築地から勝どき、月島、佃あたりをめぐり、〆は湊なんて最高でしょうね。が、こんなときに限ってヤボ用 !! 泣きそうです。
Commented by rrb at 2006-11-25 10:45 x
おはようございますm(..)m

ニュースでしていたのをチラっとしか見ていませんが、
新東京タワーの計画があるそうですねぇ(>.<)
高さ610mとか…。
その計画で、また区画整理とかあるのですかねぇ。
新しいのはいいことだけれど…(>.<)
Commented by henronin at 2006-11-25 11:48
ばちあたりな初老オヤジに カーツ オヤジこそ新しいマンションに似合わないのでは?
Commented by nobulinn at 2006-11-25 18:27
こんにちは。
今日のマフィンマンさんは詩的ですね。
でも、こんな文字を見つけると、どこかセンチメンタルな気分になってしまいますよね。
Commented by マフィンマン at 2006-11-25 21:37 x
lucca-truthさん
おいらも経験ありますが、引っ越しの時は、大量にゴミが出て、中にはオモチャやぬいぐるみなど子供たちが昔大事にしていたものもあり、切なくなります。
Commented by マフィンマン at 2006-11-25 21:39 x
Rambler5439さん
それは残念でしたね。おいらは本日、まさに勝どき~湊を歩きました。絶好のPLフィルター日和!と思いきや、あまり収穫はありませんでした。
Commented by マフィンマン at 2006-11-25 21:42 x
rrbさん
新東京タワーねえ……、どうなんでしょう。現在の東京タワーは、日本が“育ち盛り”の時代に作られたので、愛されていますが、今の時代に610㍍のタワーと言われてもピンときません。
Commented by マフィンマン at 2006-11-25 21:46 x
遍路人さん
まあまあ、お気を静められて。本日、この界隈を再訪したところ、粗大ゴミが回収され始めていました。 『思い出』 たちも“成仏”してくれるといいですね。
Commented by マフィンマン at 2006-11-25 21:51 x
のぶりんさん
特に、『赤ちゃんの時の着物』 にはグッときてしまいました。我が子の幼児の頃の服や浴衣って捨てられないんですよね。あと、ランドセルとかも(かさばって仕方ないですが)。
Commented by korotyan27 at 2006-11-26 02:00
引越しのときって住んでいる人はやたらと捨てたがりますよね。
焦っている時ですから捨てるものも大胆になってしまうもんです。
初老オヤジの気持ちがわからなくもありません。
中身は持っていったのかな?
Commented by マフィンマン at 2006-11-26 07:37 x
korotyan27さん
引っ越しや年末の大掃除の際に、実はおいらもガンガン捨てます。自分のモノだと執着はなくなりますね。自分自身にもシールを貼って捨てちまおうかと思うことがあります。
<< 虎ノ門  秋の東京・田舎めぐり 勝どき  消える 『 最後の長屋 』 >>