勝どき  消える 『 最後の長屋 』

都内に残された、最大にして最後の長屋を10カ月ぶりに訪れました。
路地で待っていたのは、粗大ゴミの山でした=23日(木)撮影。
c0080357_18224640.jpg

食器棚を運び出していた初老の男性に聞くと、来春までに一帯が取り壊されるため、住民たちが引っ越しの準備をしているのだという。
長屋を含む勝どき1丁目8~10番地は、4年後の2010年9月までに、54階建ての高層マンションに生まれ変わるそうだ。
戦後、東京都からの払い下げで誕生し、バブル期の地上げの嵐にも耐えた、“長屋の中の長屋”。
4年後、住民たちは再びこの街に戻るが、今度はピカピカの高層マンションに住むことになる。

初老の男性が、つぶやいた。
『 何人戻って来ることができるかねえ。 年寄りばかりだから 』
東京からまた一つ、『 昭和 』 が消えていく。
スナップ、スナップ写真  デジタル一眼レフカメラ  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-11-23 18:28 | 築地/豊海町/豊洲/佃/葛西 | Comments(20)
Commented by Rambler5439 at 2006-11-23 19:57 x
はっきりしない空模様に荒川渡河大作戦は延期し、代わりに台東区内を歩いてきました。荻窪駅で「築地や湊、勝どきあたりを歩くのもいいかな」と迷ったのですが、軟弱にも海風に怖れをなした次第です。台東区でもいたる所で長屋の解体現場を目撃しました。しばらくは気合いを入れて東部戦線を歩くつもりです。
Commented by lucca-truth at 2006-11-23 21:20
こんばんわ
勝鬨橋は2度ほどわたりましたが、
本格的な長屋がまだ残っていたんですね。
あちこちに新しいマンションが建っていました。
どんどん昭和は消えていきますね。
Commented by aoi_color at 2006-11-23 23:31
人はなぜ高層マンションを建て住もうとするのだろうか?
地に足が近ければ近いほど安心できる私にとってこの問題は現代日本の七不思議です。
それよりも早く勝ちどきに行かねば〜ダッシュ!
Commented by nobulinn at 2006-11-24 00:07
こんばんは。
勝鬨橋は何度も通っているのに、近くにそんな長屋があったなんて、初めて知りました。
大きいですね、何世帯くらい入っていたんでしょうか?
Commented by 風俗散歩 at 2006-11-24 00:19 x
勝どき方面へは、散歩したことがなく、貴重な情報を知ることができました。私も近日中に見に行きたいと思います。
Commented by igu-kun at 2006-11-24 00:51
この辺りの風景も4年後にはガラッと変わってしまうんでしょうね。
時代の流れで仕方がないのかもしれませんが、寂しいですね。
Commented by マフィンマン at 2006-11-24 07:25 x
Rambler5439さん
昨23日(木)は、おいらもMTBは避け、愛宕~銀座~勝どきを歩きました。これからの季節、陽が短くなるので、撮影サイクリングしていると、帰りが真っ暗になってしまい、危険です。
Commented by マフィンマン at 2006-11-24 07:28 x
lucca-truthさん
勝どきから月島、佃にかけてのこの10年余の激変ぶりは、凄いものがありますね。それにしても、人口の減少化傾向が続き、少子化も歯止めがかからないと言うのに、高層マンションの林立ぶりは恐ろしいものがあります。
Commented by マフィンマン at 2006-11-24 07:31 x
あおいさん
この長屋については十分調べていないのでアレですが、棟と棟の間の路地に余裕のないところと(写真のような)、軽自動車なら何とか入れそうなところの2タイプあるのが不思議です。
Commented by マフィンマン at 2006-11-24 07:34 x
のぶりんさん
ピーク時は100世帯は超えていたと思います。ただ、住民の高齢化により、廃屋と化しているところも多く、粗大ゴミが玄関前などに置かれているウチは全て廃屋です。
Commented by マフィンマン at 2006-11-24 07:37 x
風俗散歩さん
キリよく年内には引っ越そうという住民が少なからずいるようで、こんな風景がしばらく続くと思われます。でも、この光景がなくなったその時は、ゴーストタウンと化す日です。
Commented by マフィンマン at 2006-11-24 07:39 x
igu-kunさん
周辺は高層マンションが林立し、子供たちもそれなりに増えているようで、長屋の前の児童公園にはガキどもが大勢遊んでいました。どうせ生まれ変わるなら、せめて、子供たちの笑い声の響く街になりますように。
Commented by rrb at 2006-11-24 09:27 x
おはようございますm(..)m

この景色がなくなるのですか!?
54階建てのマンション?
なんかイヤですねぇ~(>.<)
造られた自然の中で、何かしら引きつった顔で遊ぶお子達が想像できます。
で、お子達は「これが自然だ」と思い込んでしまうのでしょうねぇ。
近代化…いいこともあれば、よくないこともあるなぁ(>.<)
Commented by henronin at 2006-11-24 10:03
バブル期より地上げが容易に出来るようになった感じですね、今そのバブルに耐えた建物が次々に取り壊されるのは寂しいかぎりです。
Commented by neon at 2006-11-24 18:42 x
ああ、そーんなんですか!此処はこの夏に写真は撮りに行ったんですけど、周りがマンション化している中、貴重な財産だな~と思っていたのに、もうそういう流れになっていたんですね。。。これは私ももう一度行っておかなければ。
Commented by 竜之介 at 2006-11-25 00:40 x
大阪で取り壊された軍艦アパートなど、ちょっと寂しい気もしますが、時代の流れでしょうがないんでしょうね。

でも在りし日の姿を写真で残せばいいのかも知れませんね。
Commented by マフィンマン at 2006-11-25 01:53 x
rrbさん
ただですね、住民の思いは、おいらたちが郷愁に耽るのとはまた別にあり、喜んで引っ越していく人も実はいるわけです。それはそれで、新しいコミュニティが形成されれば幸せなんだろうな、と思います。でも、4年後に帰ってくる人がどれくらいいるのか、ということを考えると、複雑ではあります。
Commented by マフィンマン at 2006-11-25 01:55 x
遍路人さん
この街の現況は、かつての地上げとはまた違うようです。住民の一人は、 『昔は地上げ屋がうるさくて、どうしようもなかった』と言います。と言うことは、今は平穏に再開発に身を委ねよう、という思いも一方であるようです。
Commented by マフィンマン at 2006-11-25 01:58 x
neonさん
撮るべし、撮るべし!です。年明けは引っ越し先で過ごしたい、と思う人も多いようなので、こんな風景を拝めるのも、年内いっぱいかと思われます。としたら、やはり、早く行くべし!です。
Commented by マフィンマン at 2006-11-25 02:00 x
竜之介さん
『在りし日の写真』 を残しておけばよかったものの、実は、路地で子供が遊んでいるようなピーク時の絵を取り損ねています。悔やまれて仕方ありません。あの時、撮って入ればなあ、と。
<< 勝どき  洋子 赤ちゃんの時の... 湊  放置プレーされたドラえもんたち >>