板橋・赤塚公園  紫煙に暮れるおじさん・サバの味噌煮篇

人生も半ばをとうに過ぎ、男一人、タバコを吹かしながら何思う。
我が人生を顧みるのか。 それとも、
『 今夜のおかず、サバの味噌煮だといいなあ 』……か。
c0080357_7164829.jpg

スナップ、スナップ写真  街頭写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-11-10 07:21 | 赤塚公園 | Comments(22)
Commented by rrb at 2006-11-10 09:22 x
おはようございますm(..)m

いいですね…哀愁漂う男の背中!
ドキッとします(^^)
タバコの煙の太陽の光を受けて漂いがはっきりわかるし、
暖かな陽射しを感じることができます。

セルフで撮ったマフィンマンさんってことはないですよねぇ~!? (^^)
Commented by Rambler5439 at 2006-11-10 10:19 x
黄昏時に自分の人生を重ね合わせながら一服。つくづく男っていうのは哀しい生き物だなあ、と思いました。切り株、せつなくなるほど効いてます。
Commented by igu-kun at 2006-11-10 14:16
秋らしい素敵なスナップですね。
落ち葉のじゅうたんにおじさんの背中、そして煙草のケムリが渋すぎます。
Commented by lucca-truth at 2006-11-10 18:06
こんばんわ
男性の後姿、落ち葉、どれも
暖かな日差しに包まれて、秋の風情がいいですね。
Commented by korotyan27 at 2006-11-10 22:43
日の傾き加減、秋の紅葉、広い空間にたたずむおじさん・・・。
絵画のような日常風景ですね。またタバコの煙がその中で
唯一時間を感じさせます。こういう時って意外と何も考えていなかったり
しますよね。おじさんは果たして何を思案していたのでしょう?
Commented by jitensya7 at 2006-11-10 22:51
いやあ決まっていますね。おじさんの背中、たばこの煙、そして晩秋の黄昏時、舞台と役者が揃ったところをみごと決めています。
Commented by nobulinn at 2006-11-10 23:12
こんばんは。
とっても秋らしさに満ちた一枚ですね。
光の色がきれいだし、たばこの煙もしぶくて素敵です。
映画のワンシーンみたいですね(^^)
Commented by aoi_color at 2006-11-10 23:31
人間らしくサバの味噌煮でいきたいな。
タバコの銘柄も気になります。
写真手前の光景が砂のようでキラキラしてますね。
Commented by top-to-toe at 2006-11-11 07:15
サバの味噌煮は....いいですね。(笑)

足元の落ち葉たち、色とりどりで綺麗。
スパイスみたいですね。
Commented by 風俗散歩 at 2006-11-11 08:32 x
さすがは、おじさん撮りの第一人者のマフィンマンさんです。入魂の一枚ですね。
Commented by at 2006-11-11 09:11 x
おおっと思わせて最後のせりふが決まりました。
さばの味噌煮でずっこけました。
いいですね。

何気ない写真でも題名で生き生きするという事を気づかされました。
Commented by マフィンマン at 2006-11-12 18:05 x
rrbさん
>セルフで撮ったマフィンマンさんってことはないですよねぇ
実は……って、ウソです。でも、そうか、いいことを教えていただきました。「哀愁漂うサラリーマンの後ろ姿」なんて、セルフで撮ればいいのか。公園などで、いくらでも撮れそうです。でも、思い切り不審の目で見られそう!
Commented by マフィンマン at 2006-11-12 18:09 x
Rambler5439さん
このおじさんが立ち去った後、今度はおばさんがベンチに座ったのですが、なぜか、いい絵になりませんでした。「いい絵」などというと不遜なのですが、でも何故なんでしょうね。
Commented by マフィンマン at 2006-11-12 18:14 x
igu-kunさん
最近は喫煙者がどんどん減っているので、タバコや紫煙の小道具としての価値は、逆に上がっているように思えます。もっとも、ポケット灰皿をちゃんと持ってないと、小道具もクソもありませんよね。
Commented by マフィンマン at 2006-11-12 18:16 x
lucca-truthさん
冬が近づいているので、夕焼けを利用した撮影は、時間的な制約がかなり出てきました。午後4時を過ぎると、もう苦しいですね。光が弱々しくなってしまいます。
Commented by マフィンマン at 2006-11-12 18:18 x
korotyan27さん
>おじさんは果たして何を思案していたのでしょう
おいらだった、間違いなく、今夜のおかずのことですね。あるいは、最近食った美味いものを思い出して、次はいつ食おうか、とか。休日に仕事のことを考えると大損した気持ちになるので、極力考えないようにしてます。
Commented by マフィンマン at 2006-11-12 18:20 x
jitensya7 さん
おじさんは20分くらいもこうしていたでしょうか。撮影には一脚を使い、レンズも慌てて広角からマクロに替えたのですが、余裕を持って撮れました。その間、おじさんはジッと思案してくれていたわけです。
Commented by マフィンマン at 2006-11-12 18:22 x
のぶりんさん
>映画のワンシーンみたいですね
そんなにホメていただくと、ベンチのおじさんがノボせ上がっちゃいますよ。日が沈むのが早くなったので、いい光を利用できる時間が限られ始めてますよね。
Commented by マフィンマン at 2006-11-12 18:25 x
あおいさん
実はまだ本格的な紅葉にはほど遠く、この落ち葉も実際には、美しく紅葉してはいないのです。強い夕焼けが斜めから当たったため、キラキラしてくれました。
Commented by マフィンマン at 2006-11-12 18:28 x
top-to-toeさん
ごぶさたしてます。サバの味噌煮ではなくて、ただの焼き鮭が食いたいと思っていたのかもしれませんね。あるいは、ひょっして、あんパンとか……。
Commented by マフィンマン at 2006-11-12 18:30 x
風俗散歩さん
おじさんって、意外に絵になりますよね。競艇帰りで背中を丸めたショボくれおじさんでも、シルエットにしてしまうと、不思議とさまになります。おばさんよりも絵になるように思います。
Commented by マフィンマン at 2006-11-12 18:32 x
森さん
>何気ない写真でも題名で生き生きするという
と言うか、おいらの場合、自分で言うのもナンですが、キャプションや記事本文で誤魔化すのが好きなんですよ。困った時の“キャプション狙い”というわけです。
<< 西新井  豆腐屋だったのだろうか 足立・扇  荒川左岸に見る“足... >>