西新宿  もう昭和81年だよ。そろそろ手を下ろしてもいい?

これも8丁目の再開発エリア。
2人の服装から推察するに、昭和40年代の看板でしょうか。 何となく、高度成長の爛熟期という匂いがします。
(西新宿シリーズ、とりあえず終わり)
c0080357_22422949.jpg

《 昭和の男たち 》
キム・イルこと大木金太郎が、ソウル市内の病院で亡くなった。享年77歳。
この名前を聞いてピンと来る人は間違いなく、『 昭和の男 』 だ。
ガキの頃、“黒い魔神”ことボボ・ブラジルとの壮絶な頭突き合戦をリアルタイムでテレビで観て、興奮した。 翌朝、中学校の教室で、校庭で、廊下で、バカ男子たち(含むおいら)はガツンガツン頭突きし合った。

ファイター吉村道明と組んだタッグも好きだった。 吉村が4の字固めで1本取ると、次は大木の原爆頭突きでキメる。 毎回こんなパターンだったように記憶する。
試合前のハデなパフォーマンスなど、ない。 イケメンも若手もいない。 レスラーは皆、『 デカいおやじ 』 だった。 外国の覆面レスラーは、いつもなぜか国籍不明と紹介された。
試合の合間のリングは、三菱電機の電気掃除機 『 風神 』 で綺麗に掃除された。『 それなら掃除機でなくてモップだろう 』 と子供心に思いながらも、『 三菱はスポンサーだかんな 』 と妙に納得していた。
シンプルな得意技や試合パターン、国籍不明、風神……昭和のプロレスは、分かりやすく物語化された 『 芸 』 だった。 みんな、デカいおやじたちの芸に酔った。
我らが大木金太郎は、皮肉にも得意技の後遺症で、もう10数年も療養生活を送っていた、という。
スナップ、スナップ写真  街頭写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-10-26 22:48 | 新宿/渋谷/原宿 | Comments(19)
Commented by tabasco-x at 2006-10-26 22:52
こんばんは(^_^)
タイトルみて笑ってしまいました^^
こんな看板よく見つけましたね!
暫く眺めていたいです。。。

Commented by Rambler5439 at 2006-10-26 23:21 x
大木金太郎かあ、懐かしいですねえ。歯をヤスリで研いでいたブラッシーや殺人鬼コワルスキーなんてのもいましたよね。キオスクなんて洒落た名前じゃなかった駅の売店で、毎朝のようにプロレス新聞を買っては、教室で試合内容を再現して見せてくれたK君、元気かなあ。
Commented by Rambler5439 at 2006-10-26 23:26 x
追伸
肝心の写真についてのコメントを忘れていました。
フィルムで撮ったような落ち着いた色合いがお見事。8丁目はずいぶん歩いたつもりだったのですが、先日の"押し売りお断り"といい、今日の看板といい、まだまだ歩き足りないようです。
Commented by nobulinn at 2006-10-27 00:04
大木金太郎・・・わかりません(^^;)
よくこんな看板がこれほどきれいに残って居ましたね、驚きです。
お兄ちゃんのほう、見たときから誰かに似てると気になるんですが、思い出せません。どなたか教えてください(^^;)
Commented by マフィンマン at 2006-10-27 00:24 x
tabasco-xさん
こういう看板があるということは、かつては、この街にも子どもたちがいっぱいいた、ということですよね。それが今では、この2人きりのような気がします。それも、いつか外され……。
Commented by マフィンマン at 2006-10-27 00:28 x
Rambler5439さん
ボボ・ブラジルに頭突きを見舞われたレスラーは、額が裂けて出血し、その血がボボの額にベットリつき、アナウンサーは、 『 ボボ、血まみれ! 』 と絶叫したそうです。それをテレビで見ていた東海地方の女性たちは、恥ずかしくて思わずテレビを消した――という伝説もありますよね。
この時は、タムロンのマクロレンズ(90㍉)を使いました。このレンズ、街撮りにもグッドです。
Commented by マフィンマン at 2006-10-27 00:30 x
のぶりんさん
おいらも同じことを思いました。でも、それより、“弟”のほうは、ちょっとモン吉っぽくて可愛いです。ウッキ~!
Commented by Rambler5439 at 2006-10-27 00:54 x
>『 ボボ、血まみれ! 』 と絶叫したそうです。それをテレビで見ていた東海地方の女性たちは、恥ずかしくて思わずテレビを消した

マフィンマンさん、その道の専門家として、「東海地方」を「九州地方」に訂正させていただきます。
Commented by aoi_color at 2006-10-27 04:41
『原爆頭突き』でしたっけ?
私は個人的にテリー・ファンクJとドリー・ファンクJが好きでした。
タイガー・ジェットシンも好きです。

看板の少年二人、この子たちマフィンマンさん位なんじゃないですか?
どんな人生を通ってきたのか気になります。
Commented by マフィンマン at 2006-10-27 06:21 x
Rambler5439さん
>「東海地方」を「九州地方」に訂正させていただきます
あれ、そうでしたか。ブラッシーの噛みつき流血シーンを見て、心臓マヒで死者が出たのが東海地方(静岡県)だったかもしれません。
Commented by マフィンマン at 2006-10-27 06:25 x
あおいさん
看板のお兄ちゃんのほうは、確かにおいらと年齢が近いかもしれませんね。セーターの袖口がゴムになっているうえ、腕の妙な輪っかのデザインに違和感がないですもんね。
Commented by lucca-truth at 2006-10-27 07:14
おはようございます
西新宿も昔は住民も子供たちもたくさんいたのでしょうね。
随分と古そうな看板で、西新宿も歩きがいのありそうな街ですね。
Commented by rrb at 2006-10-27 09:48 x
おはようございますm(..)m

スゴイ看板ですね。とってもいいです(^^)
見つけたマフィンマンさんもスゴイけれど、
この時代まで残っている環境がスゴイと思います。
○○注意の消えた文字は何て書いてあったのですかねぇ。
横断注意? とても気になります。
もうひとつ気になることが…寄贈の文字。
誰が寄贈したのでしょうねぇ?
上下の消えた文字に比べて絵がしっかり残っているのも不思議ですね。
はげてきてる様子もないし…。
この看板は謎が多くとても興味があります(^^)
Commented by henronin at 2006-10-27 09:52
ここにはほんと凄いものがありますね、昭和が残ってます。
Commented by マフィンマン at 2006-10-27 21:51 x
lucca-truthさん
子どもはいっぱいいたと思いますよ。この看板が何よりの証拠です。ここから2、3㌔離れたおいらの実家周辺はガキだらけだったので、この界隈も似たようなもんだったと思います。
Commented by マフィンマン at 2006-10-27 21:54 x
rrbさん
この看板に限らず、昔の看板は寄贈されたものが多いですよね。寄贈主は、区議会議員だったり、PTAだったり、商店会だったりとさまざまですが、今考えると、コミュニティが生きていたということでもありますね。
Commented by マフィンマン at 2006-10-27 21:57 x
遍路人さん
詳しくは調べていないのですが、近くには新しい道路も出来ており、サラ地となる日も遠くないと思われます。
その新しい道路、何と、 『 税務署通り 』 と言うのです。世も末です。
Commented by jitensya7 at 2006-10-27 22:06
まさに昭和は遠くなりにけりという感がします。モデルになった子供たちもいまやいいオッサンになっていることでしょうね。
Commented by マフィンマン at 2006-10-27 22:47 x
jitensya7さん
そうですね、この子たちも今や、おっさんですね。
息子たちを連れてきて、記念写真撮ってたりして。息子たち、この看板の子とそっくりだったら、いい写真が撮れるでしょうね。
<< 特写! エイリアンの撮影に成功! 西新宿  最後のロックバー >>