西新宿  天神さんよぉ、ゴムひも買ってくんねえか

成子天神の社務所に掲げられていました。神をも恐れぬ押し売りがいたんですね。
『淀橋警察署』 は1969(昭和44)年に、現在の 『新宿警察署』 に改称されました。よって、この 『お断り』 はそれ以前のもの、ということになります。
c0080357_21193471.jpg

昔のサザエさん(アニメでなく漫画本)には、押し売りがよく登場した。唇の分厚いゴリラ顔で、目はギョロリとして、雪駄に腹巻き姿だったような気がする。
ガキの頃、実際にそんな格好をした押し売りが実家(中野)に来た。玄関でおふくろにスゴんでいたが、『110番しますよ』 と言ったら、何か捨て台詞を残して立ち去った。
今思うと、寅さんのいでたちともカブる。現代の振り込め詐欺やフィッシング詐欺などに比べると、相手の顔が見える分、まだ牧歌的だったかもね。

ネットで調べてみると、昭和30年代の前半から半ばにかけて、『押し売り防止条例』 が各県で相次いで公布されており、この時代に全国的に社会問題化したことが伺える。
だが、実家に押し売りが現れたのは、恐らく昭和40年前後。東京は、“押し売り解放区” だったのか。

懐かしき 『淀橋』 の住居表示は、igu-kunさんの 『非天然色東京画 』 にも。
スナップ、スナップ写真  ぶらり~散歩♪  街頭写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-10-12 21:23 | 新宿/渋谷/原宿 | Comments(22)
Commented by jitensya7 at 2006-10-12 22:03
これは面白いですね。ボクが見つけると撮っている昭和懐古の物件です。そのうち行ってみます。ボクは田舎の育ちなので子供の頃押し売りの話はあまり聞いたことはありませんでした。
Commented by lucca-truth at 2006-10-12 22:09
こんばんは
追し売りが我が家にやってきたという記憶がありませんが、
昔はよく押し売りという言葉を聞きましたね。
こんな看板いまでも残っているんですね。
Commented by マフィンマン at 2006-10-12 22:41 x
jitensya7 さん
ネットで見ただけでも、『押し売り防止条例』 は昭和32~34年に福島、新潟、茨城県などで公布されています。ということは、これらの県では1~2年前の昭和30~33年ごろが、彼らが跋扈したピークと思われます。
Commented by マフィンマン at 2006-10-12 22:43 x
lucca-truthさん
この看板には、しばし見惚れてしまいました。赤が鮮やかなんですよ~。
旧漢字で書かれている、ということを考えると、昭和30年代以前の物件かもしれませんね。
Commented by igu-kun at 2006-10-12 23:05
TBどうもありがとうございます!
西新宿ですね。
プレートの赤、実にいい色合いです。
この辺りはこうした古きよき時代の遺構が残っていますね。
改めて歩いてみたくなりました。
Commented by 風俗散歩 at 2006-10-12 23:21 x
大発見ですね。 マフィンマンさんの「淀橋警察署」の時代考証、「押し売り防止条例」の解説がすばらしいです。当時の風俗を知るうえで貴重な資料だと思います。
もちろん、このホーロープレートも味があって最高です。
Commented by korotyan27 at 2006-10-13 00:04
こんばんわ。
私の実家は栃木なのですがうちの実家にはおつまみ売りが来ていたなぁ
2個で千円ぐらいだったと思うんですが北の方から出稼ぎに来て
売っていると言っていました。
母が気の毒そうなので買ってあげてました。
今思えばそんなに高価なものではなく値段も怪しいものなのかも
知れませんがまだ商品をくれ、値段も値段なので文中にある牧歌的という言葉が当てはまるような気がします。
この時代はどんな押し売りだったのかなぁ~。
と看板を見て思いました。
Commented by nobulinn at 2006-10-13 01:20
マフィンマンさんは、東京の歴史にも詳しいですよね。
普通なら見逃してしまいそうなものを、だからちゃんと逃さないんですね。
撮影に行った土地のお年寄りとの会話も、知識の宝庫なんでしょうね、きっと(^^)
Commented by マフィンマン at 2006-10-13 06:56 x
igu-kunさん
でも、この成子天神の裏手あたりも、どこにどうつなげるのか、新しい道路が出来つつあり、風景が激変しています。いい銭湯も近くで発見したのですが、すでに廃業してしまったようですし。
Commented by マフィンマン at 2006-10-13 06:59 x
風俗散歩さん
『押し売り防止条例』 なんてのがあるのには驚きました。条例なんて、よほどのことでもない限り公布されないと思います。おいらの実家に来たようなゴムひも売りだけでなく、もっと悪辣な押し売りがいたのかもしれませんね。
Commented by マフィンマン at 2006-10-13 07:03 x
korotyan27さん
>おつまみ売りが来ていたなぁ
へえ~、おつまみを売り歩く押し売りですか。 『奥さん、さきイカ買ってくんねえか』 とスゴむわけですか? おいらの実家に来た押し売りもそうでしたが、当時は、ゴムひもや糸などの生活雑貨をカバンに詰め込んで、玄関に現れました。気の毒そうなイメージとは正反対の嫌われ者です。いろいろパターンがあるんですね。
Commented by マフィンマン at 2006-10-13 07:06 x
のぶりんさん
>撮影に行った土地のお年寄りとの会話
世の中、年寄りだらけなので、じいさんばあさんとの会話には事欠かないですね。撮影中に寄ってきて話しかける年寄りや、何かブツブツ話しながら目の前を通り過ぎる年寄りなど、さまざまです(そのブツブツが、意外に、被写体の解説だったりします)。
Commented by rrb at 2006-10-13 09:42 x
おはようございますm(..)m

貴重な物ですね。警察の名前、紋章が入っているということは、警察が作って配られたのでしょうか?
現在では「押し売り」もスーツ姿で「強引販売」に変わっていますよね。
よくある「務所帰りで…」なんて台詞も使わないだろうし…。
そう考えると、「押し売り」にも歴史があるのですねぇ。
Commented by Rambler5439 at 2006-10-13 10:09 x
かつて成子坂下にあるデニーズ裏のマンションに"仕事場"を借り、ジオラマづくりと麻雀に明け暮れていた頃、十二社通りの"千草"という定食屋で朝食(午後2時過ぎに食べるものを朝食と言うかどうかはさておき)をとり、喫茶店"ルポ"で地上げ屋たちの声高なやり取りに耳を傾けながらコーヒーを飲み、最後に成子天神で麻雀の必勝を祈願したのち、新橋方面に出撃するというのが日課でした。いまも月に1、2度は立ち寄るのですが(今は必勝じゃなく、いい散歩ができることを祈願してます)、この看板には気づきませんでした。いい出してくれますねえ、ホーローは。
Commented by aoi_color at 2006-10-13 18:24
私も麻布界隈で近い物を見つけました。
「がま池」近くのすり鉢上の土地に長屋中心の家屋が密集した低地で発見しました。こういうホーロー看板がいかにもありそうな場所は時間が止まったかのような錯覚を覚えます。
Commented by マフィンマン at 2006-10-13 19:01 x
rrbさん
『ムショ帰り』 ……確かに昔は、そんな言葉が生きてましたね。でも悪徳商法は今や、どんどん巧妙になり、リフォーム詐欺なんてサイテーの犯罪まで現れましたね。それに比べれば、当時の押し売りなんて、110番すると言って退散したので、可愛いもんです。
Commented by マフィンマン at 2006-10-13 19:06 x
Rambler5439さん
成子天神は、有名な撮影ポイントなのでしょうかね。おいらのほかに2、3人、撮影しているおじさんがいました。でも彼らは、賽銭箱やら絵馬などの“神社アイテム”を撮るのに忙しく、このホーローびきには見向きもせず、 『この自転車男は、なぜ社務所の玄関先ばかり熱心に撮ってるのだろう』 と怪訝そうな顔をしてました。
Commented by マフィンマン at 2006-10-13 19:09 x
あおいさん
おいらもずいぶん前なのですが、麻布の旧小泉八雲邸(その後、住友銀行が頭取の邸宅として使用)そばで、そこだけポッカリ時間の止まった長屋を発見したことがあります。今頃、どうなってるのでしょう。
Commented by medkid at 2006-10-13 20:13 x
おばんです(笑)。今日は眠かったですわい!
そんな看板の時代があったんですね。でも、今より平和の様な気がします‥。その頃の人って、今の振り込め詐欺と比べると極端に悪では無かったような‥。今は「全部取ってしまおう」型ですね。
Commented by henronin at 2006-10-13 21:25
当時の警察は結構お金かけてますね、ホーロー製ですもの、それとも名前だけ使わせて貰ったのかな。
Commented by マフィンマン at 2006-10-14 08:13 x
medkidさん
そうそう、年寄りから「全部取ってしまおう」なんて輩は、クズ野郎ですよ。
でも先日、都電町田駅前で、羽毛布団だか健康器具のPRをしているところに年寄りが何人も行列を作って、業者のアンちゃんからお土産を嬉しそうにもらってました。 『ちっとは学習しろよ、じじばば』 と思いました。
Commented by マフィンマン at 2006-10-14 08:18 x
遍路人さん
>それとも名前だけ使わせて貰ったのかな
そういうテキトーさ加減って、昔はあったと思います(このプレートがそうかどうかは不明ですが)。
それにしても、最近の新宿は、 『東京の顔』 的な役割を他の街に譲りつつありますが、まだまだ被写体の宝庫ではあります。
<< 西新宿  起て!カメラおやじ 南千住  こんなの撮って、楽し... >>