浅草 花やしき裏

浅草は、観光スポットであると同時に、人々がフツーに暮らす街としての魅力があります。TDLのように、そこだけ隔離された別世界があるわけではなく、見慣れた光景がそこにある――という“普段着”の安心感。
観光客で賑わうメーンストリートから路地に一歩入ると、こんな感じです。
c0080357_715174.jpg

スナップ、スナップ写真  街頭写真  
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-08-28 07:18 | 浅草 | Comments(14)
Commented by laugh7 at 2006-08-28 08:22
おはようございます
見慣れた街と珍しい街と、見方のギャップは写真の力でしょうね
お化けの絵と、子供の手の動きが素晴らしいタイミングですね

Commented by lucca-truth at 2006-08-28 11:33
おはようございます
浅草は何回か行きましたけど、花やしきは行ったことありません。
街の中にある遊園地ですね。お化けの絵が花やしきらしいですね。
遊園地の裏側は浅草の普通の街なんですね。
Commented by rrb at 2006-08-28 11:38 x
マフィンマンさんの写真に魅かれるひとつの理由は、この人物の撮り込み方なんです。
子供だけでもなく、おばちゃんでもなく…父子。
止めるのではなく、被写体ブレでの配置。
いつも魅かれてしまいます。
自分に無いものには魅かれる…って、ホントですね (^^)
Commented by henronin at 2006-08-28 14:50
園内を自転車に乗った男の人が走りまわっているように見えます、それだけ地元と一体化してるのでしょうね。
Commented by igu-kun at 2006-08-28 15:34
花やしき裏とは流石、渋いスポットを撮られていますね。
自分もこの辺りは良く自転車で走り抜けますが
不思議とホッとできる一角なんですね。
自転車の親子、日常的な浅草の空気を感じました。
Commented by マフィンマン at 2006-08-28 20:42 x
laugh7さん
オバケの絵を見た瞬間、写欲がかき立てられました。これぞ花やしき!
Commented by マフィンマン at 2006-08-28 20:43 x
lucca-truthさん
おいらも実は、数えるほどしか行ったことがありません。
Commented by マフィンマン at 2006-08-28 20:45 x
rrbさん
まあ、この時間帯(夕暮れ時)だと、大抵ブレますよ。特に自転車やバイクは。
ただ、わざとブレさせているのも事実で、今どき肖像権とかうるさいですからね(構わず撮ってしまうこともありますが)。
Commented by マフィンマン at 2006-08-28 20:46 x
henroninさん
この裏通りは、ホント、何人もの人が通るため、被写体には困りませんでした。
Commented by マフィンマン at 2006-08-28 20:48 x
igu-kunさん
近くには外国人ツーリストのための安宿もあるようで、カネもってなさそうな外国人が何人も通りました。彼らを撮ってもよかったかな。
Commented by aoi_color at 2006-08-28 21:52
自転車の男性と女の子親子でしょうか?
浅草界隈を走る親子『粋』でいいな。
壁に描かれたお化けの絵、昔よく見た子ども向けの『怖い本』に載っていたイラストを彷佛させます。
Commented by Rambler5439 at 2006-08-28 21:56 x
33年前、大学2年目にして早くも留年が確定し暇になったぼくは、付き合いで留年してくれた親友Mと二人、"東京 - 見て歩き食べ歩き"と名うって東京の街を歩きました(ただし、ほとんどが大通りでした)。最初に歩いたのが池袋からお茶の水、二番目に選んだのが駒場から浅草というコースでした。花屋敷ではジェットコースターに乗りました。今どうなっているかは知りませんが、当時はこじんまりしたコースでした。が、レールは真っ赤に錆び床下からは妙な軋み音が伝わってきて、とても怖かったことを憶えています。田舎で生まれ育ったぼくが思わず「ジェットコースターってのはおっかないな」と漏らすと、中野の鍋横で生まれ育ったMも「ここは特別だ。俺も震えた」と応えたものです。
Commented by マフィンマン at 2006-08-28 22:11 x
aoi_colorさん
このチープさがたまりません。TDLなんて、クソ食らえです。
Commented by マフィンマン at 2006-08-28 22:16 x
Rambler5439さん
最後に花やしきのジェットコースターに乗ったのは10年以上前ですが、『昭和の民家の居間』を駆け抜ける楽しい趣向でした。ちゃぶ台のすぐ横を猛スピードで下った記憶があります。
<< 上野 ギュッとね 若洲 鉄路、夏草に覆われ >>