池袋  蔵は残った

バブル全盛の80年代後半の池袋界隈です。
――てのはウソで、撮影は昨日。新聞の連載記事の写真をイメージして、モノクロ処理してみました。
蔵の向こうに見えるのはサンシャインシティ。都電・雑司ヶ谷駅を降りると、“近過去”の不思議な光景が広がっています。
c0080357_7204527.jpg

街頭写真
デジタル一眼レフカメラ
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-08-16 07:29 | 大塚/池袋 | Comments(8)
Commented by lucca-truth at 2006-08-16 07:39
おはようございます
モノクロにすると懐かしい風景に変わりますね。
サンシャインビルの近くで、
まだ蔵が残っているなんて不思議な光景ですね。
Commented by Rambler5436 at 2006-08-16 09:33 x
この場所、ぼくも行ったことがあります。精確に言うと、鬼子母神から池袋駅に向かうつもりが迷子になり、この蔵の右手にある中央法律専門学校の学生さんに道を教えてもらったのでした(笑)。
ところで蔵にからみついている蔦は、枯れているのでしょうか。もし生きているのなら、撮り直しておきたいと思っているのですが。
Commented by マフィンマン at 2006-08-16 09:47 x
Rambler5439さん
蔦は、残念ながら枯れています。
もし青々としていたら、そのままカラーでもよかったかな、と思ったのですが、空が白かったので、いっそモノクロで、と処理しました。
では、夏休みを利用して、これより出撃します。
Commented by マフィンマン at 2006-08-16 09:50 x
lucca-truthさん
蔵の持ち主はたぶん、このへん一帯の地主なのではないでしょうか。
まとまった空き地が広がっていましたから。
Commented by igu-kun at 2006-08-16 13:52
まさに“近過去”な風景ですね。
この蔵も駐車場の片隅で良くぞ生き残ってくれたと思います。
サンシャインとの対比が実に印象的です。
Commented by henronin at 2006-08-16 17:11
蔦が枯れていたのが逆に良かったと思います、蔵の存在がハッキリしていてサンシャインビルにマッチしてると思います。
Commented by マフィンマン at 2006-08-16 22:44 x
igu-kunさん
10数年前の光景がここまで“再現”されている場所があるなんて、驚きでした。あのころの新聞記事は、こんな感じの写真であふれていましたよね。
Commented by マフィンマン at 2006-08-16 22:46 x
henroninさん
仰るとおりです。蔦がなかったら、全体に白っぽい蔵が、曇天の灰色に溶け込み、締まりのない絵になったと思います。青空が理想ですが、こればかりは……。
<< 池袋  “昭和の遺跡”ここにも 日々草 スコールを浴びて >>