ハス  何でそうなるの?

知っている人はとっくに知っている、落花後のハスです。
エイリアンの卵のようなグロい造形ですが、写欲が刺激される被写体でもあります。
どうしてこうなっちゃうんだか……。
※写真、更新しました(8/6)
c0080357_9393880.jpg

そして、ハスはこの後、どうなっていくのか。答えは、すけるさんのブログWeblog-insomnia-に。

花と虫
ペンタックス
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-07-30 22:34 | 花/虫90㍉マクロ | Comments(10)
Commented by うさぎ at 2006-08-02 23:14 x
何度見ても気持ちが悪い。
でも、クセになります。また見に来ちゃいました。
Commented by マフィンマン at 2006-08-02 23:32 x
撮ったおいらも、何度見ても、軽く鳥肌が立ちます。
でも、ピントがちょっと甘い部分があるので、次の土日に、もっとシャープな写真を撮り直して来ます(やめてくれって?)。
お楽しみに。
Commented by muffin-man at 2006-08-06 09:47
『落花後のハス』好きのうさぎさんのために、写真を更新してみました。
これは、“エイリアン卵”のごく初期の状態ですね。オレンジ色の部分が、まだフレッシュです。
卵たちは、これから熟し、全体を黒ずませながら縮小・固化していきます。
そうして、タネの完成です。
Commented by うさぎ at 2006-08-06 17:01 x
マフィンマンさん、更新をありがとうございます。
炎天下のなか、せっかく撮っていただいて、こんなこというのはバチあたりだとは思いますが、どちらかというと、前の方がグロさでは勝っていて、私好みではあります。
これはこれで、不気味ではありますが、

ひとつわからないのですが、上の写真の方が、前の写真よりも”進化”した状態なのでしょうか。あの丸っこいのが穴から顔を出したのが、上の写真なのですか?
こうなったら、”縮小・固化”した状態も見てみたいものです。



Commented by マフィンマン at 2006-08-06 23:16 x
これは、前にアップした写真の“前身”です。
ハスは落花後、
①上のような形状になる(もっとも最初は黄色で、徐々に緑色に変化する)
②上の写真のツブツブが全体を黒ずませながら、縮小・固化していく=前にアップした写真
③このツブツブは実はタネで、どんどん小さくなって、やがて穴から落ちる
――という工程を経るようです。
ハスはレンコンの親戚のようで、そう言えば、“穴の開き加減”がよく似ています。
Commented by うさぎ at 2006-08-09 08:44 x
マフィンマンさん、解説をありがとうございました。

そういえば、レンコンのこと、ハスって言いますよね。ということは、
この不気味な卵が生み落とされた残骸を、私たちは食べているということですね。
Commented by マフィンマン at 2006-08-09 20:31 x
>不気味な卵が生み落とされた残骸を、私たちは食べている
実際に食べるのは、泥水に埋まった根っこの部分ですね。
Commented by うさぎ at 2006-08-10 07:19 x
ああ、そうでしたか。根っこですか。勉強になりました。
ありがとうございます。
Commented by すける at 2006-08-15 00:06 x
TBありがとうございました♪
この角度から見るはちすも、良い感じに怪しさが出ますですね(^^)
Commented by マフィンマン at 2006-08-15 00:23 x
すけるさん
ご丁寧にありがとうございます。
ハスは、いろんなパターンで撮ることが出来て、いいやつですね。
<< 新宿 宵の回遊魚 町屋  都電の走る街ニャのだ >>