有楽町  昭和残照

日比谷シャンテ前にたたずむゴジラの銅像です。
写真右は、昭和5年完成の三信ビル。
惜しまれつつも、すでに解体が決まっています。

仕事では何の縁もないビルでしたが、用もないのに、あまりの美しさに何度も訪れたことがあります。
昨今の高層ビルには惹かれませんが、三信ビルには、こんなところで働いてみたいなあ、と思わせる魅力がありました。
ゴジラと三信ビル――『昭和』そのものでした。

なお、ゴジラの口には、誰の仕業か、1円玉が挟まれています。
これじゃ、自慢の火炎が吐けないっつーの
c0080357_12463353.jpg

夜景写真
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-02-14 22:35 | 銀座/有楽町/日比谷/京橋 | Comments(0)
<< 有楽町  暗がりの向こう側 急げ! >>