神代植物公園  キラキラネーム・サボテン篇

食虫植物を見に行こうと、神代植物公園の大温室を訪れました。
ウツボカズラの仲間です。
落とし穴のような「壺」に虫が落ちると、二度と出てこれない……。
c0080357_232549.jpg

こちらは、サラセニア科。
やはり落とし穴方式で捕虫する。
とはいえ、彼らは決して虫を主食としているわけではなく、基本は光合成により生きているそうだ。
c0080357_2331773.jpg

大温室は今年5月、リニューアルしたばかりだ。
ランとか、
c0080357_2333382.jpg

c0080357_2334572.jpg

ベゴニアとか。
c0080357_2335668.jpg

熱帯スイレン室というエリアもあり、パラグアイオニバスや、
c0080357_2342121.jpg

リンジーウッズという品種を堪能できる。
きれいだね。
c0080357_2343689.jpg

だが、本日最大の収穫は、食虫植物や美しい花々ではなかった。
サボテンに魅了された。
これは、マミラリア・ペレスデラロサエ。
この品種に和名はないようだが……、
c0080357_235291.jpg

ぶっ飛んだ和名のサボテンもある。
こちら、「大福丸」。
大福に似ているからなのか?
口に入れた途端、あんこの代わりに無数のトゲに刺されまくるぞ。
c0080357_2372978.jpg

「亀甲牡丹」(きっこうぼたん)。
これは分かりやすい。
頭と足を引っ込めたガメラだね。
c0080357_2374372.jpg

だが、これは絶対に分からん。
その名も「かぐや姫」。
デンジャラスなかぐや姫だ。
c0080357_238065.jpg

「青乱雲」。
積乱雲ではなく「青乱雲」。
赤なのに、青なのだ。
上の赤い部分と下のミスマッチ感がスゴい。
c0080357_238399.jpg

「入鹿」(いるか)。
案内板をよく見ると、学名に「eruca」の文字が。
地を這うように生長するという、気味の悪いサボテンだ。
c0080357_239319.jpg

サボテンと言えば大体こんな形状を連想するが、和名は「益荒丸」(ますらまる)。
「立派な男」を意味する「益荒男」(ますらお)から命名したのだろうか。
そういえば、この反り具合が……。
c0080357_2392780.jpg

「白刺金鯱」。
……読めない。
c0080357_2394180.jpg

本日最強の読めないサボテン。
「碧瑠璃鸞鳳玉綴化」。
サボテンの和名ってのは、ある意味、キラキラネームのようだ。
c0080357_2310164.jpg

[PR]
by muffin-man | 2016-12-28 23:13 | 花/虫50㍉マクロ
<< 赤羽/十条  新春階段めぐり 千駄ヶ谷/新宿御苑/歌舞伎町 ... >>