埼玉県和光市白子/板橋区成増  晩秋の湧水・洞窟・切り通し

成増の隣町・白子(しらこ)に洞窟がある、と聞き、久しぶりに愛チャリ「あらかわ6号」で出かけてみました。
川越街道(写真奥)から県道・新座和光線に入ると、紅葉の切り通しが出迎えてくれた。
c0080357_177243.jpg

なかなかたどり着けない。
でも、迷子になっている時にこそ、発見があったりする。
住宅街の脇に小径が続いているので、チャリを置いて下りてみると、ここにも紅葉。
c0080357_1774654.jpg

今度は、きれいな水の音が聞こえてきた。
なになに、「小島家 湧水」だって?
c0080357_179926.jpg

案内板によると、一帯は昔から湧水が豊富で「滝坂」と呼ばれていたそうだ。
明治9年(1876)には湧水を利用した国内初の養魚場ができたという。
c0080357_1793251.jpg

やっと着いた、清龍寺不動院。
c0080357_1795267.jpg

ここにも湧水。
c0080357_1710059.jpg

滝もあり、滝行が知られている。
残念ながら立ち入り禁止だった。
c0080357_17103447.jpg

いよいよ洞窟が近い。
c0080357_17104496.jpg

ここが入口のようだ。
c0080357_1711199.jpg

入口にスイッチがあり、洞窟内で明かりがともる。
さあ、行ってみよう。
c0080357_1711286.jpg

祠(ほこら)が見えてきた。
c0080357_17114086.jpg

いたるところに、お狐様が安置されている。
c0080357_17115441.jpg

c0080357_1712322.jpg

また祠が現れた。
c0080357_1712377.jpg

出口が見えてきた。
c0080357_17124757.jpg

ここに出る。
苔むしたお狐様が見下ろしていた。
c0080357_1713587.jpg

c0080357_17131686.jpg

振り返ると、晩秋の紅葉。
c0080357_17133550.jpg

c0080357_17134688.jpg

再び県道に出て、都心方向へチャリを駆る。
川越街道沿いの成増に、石造物群がある。
その一つの地蔵(造立年不明)。
向こうは八坂神社。
c0080357_17135875.jpg

国旗掲揚塔だろうか、「皇太子殿下御降誕記念」と刻銘されている。
c0080357_17141128.jpg

こちらが八坂神社。
川越街道(左)と旧川越街道(右)との三叉路にある。
c0080357_17142192.jpg

見事な彩りを見せる境内の楓(かえで)。
c0080357_17143298.jpg

川越街道もこのあたりだと晩秋らしい風景を楽しめる。
c0080357_17144851.jpg

[PR]
by muffin-man | 2016-12-04 17:18 | おまけ
<< 千駄ヶ谷/新宿御苑/歌舞伎町 ... 成田山  紅葉狩り >>