檜原村  また来たよ

写真仲間とともに、檜原村(ひのはらむら)の神戸岩(かのといわ)を約半年ぶりに訪れた=5月1日(日)。
路線バスの停留所から撮り歩きしつつ行く。
圧倒的な新緑が心地いい。
c0080357_984415.jpg

道中、川音が絶えない。
c0080357_992121.jpg

c0080357_994686.jpg

ハロー、不細工なリス君。
この看板は健在だ。
c0080357_910037.jpg

杉木立、そして湧水。
c0080357_9101431.jpg

c0080357_9104061.jpg

「右 神戸岩」とある。
この道標は初めて見た。
残念ながら、いつ頃建立されたか不明。
c0080357_911664.jpg

これも初めて出合った。
「ツキノワグマの狩猟自粛について」とある。
生息数が激減する恐れがあるので、狩猟を自粛しましょう――だそうだ。
つまり、出没するのだ。
c0080357_9112141.jpg

見えてきた。
左右に屹立しているのが神戸岩。
c0080357_9114387.jpg

3回目の今回は神戸隧道(ずいどう=トンネル)から回る。
盛んにシャッターを切る同志。
c0080357_912374.jpg

さあ、岩沿いのチェーンを伝って、行くよ。
毎回思うが、まるで岩の裂け目だね。
c0080357_9124358.jpg

c0080357_913189.jpg

c0080357_9132283.jpg

c0080357_9142515.jpg

でも、今回一番驚いたのは、向こうに見える母子連れ。
若いお母さんが男児1人だけでなく、赤ちゃんをおんぶしているのだ。
見ていて、ハラハラドキドキだったよ。
c0080357_9143633.jpg

さて、お次は再び路線バスに乗って、払沢(ほっさわ)の滝に向かう。
途中、こんにゃくをいただく。
うまし!
c0080357_915073.jpg

遊歩道の先に――、
c0080357_9155921.jpg

かつての郵便局を利用した、キュートな土産店。
c0080357_9161635.jpg

到着。
ひんやりとして気持ちいい。
真冬に訪れた時は、ひんやりなんてもんじゃなかったが。
c0080357_9163289.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-05-08 09:25 | おまけ
<< 荒川  あらかわ6号でGO! 代官山  コーヒー屋台でおかわり >>