文京区関口  若冲の羅漢を観に行く

『生誕300年記念 若冲展』が大変な人気だそうだ。
来月行こうと思ってるが、その前にホテル椿山荘東京の庭園に羅漢を観に行った。
江戸期に活躍した天才絵師、伊藤若冲(いとう・じゃくちゅう、1716~1800年)。
若冲の下絵による五百羅漢(京都・石峰寺)のうち約20体が、大正14年(1925)ごろに移設されたという。
c0080357_18391995.jpg

今まで見てきた羅漢は、たいてい人里離れた地でひっそりとたたずんでいた。
だが、やはりホテルゆえ、園内は人波が絶えない。
c0080357_18385316.jpg

ここにも若冲の人気が!と思いきや、そうでもなかった。
ほとんどの人が目もくれず、通り過ぎていくだけだった。
c0080357_18402659.jpg

唯一人目を引いていたのが、こちら。
子供たちが口々に「おサルさん!」と叫んでいた。
c0080357_18403515.jpg

こっちは「体育座り」してるね。
羅漢像の「体育座り」は珍しくない。
c0080357_18411285.jpg

こういう草に埋もれた感じが好きだ。
秋は落葉に埋もれていたりする
c0080357_1841293.jpg

c0080357_18414497.jpg

園内最古の御神木(シイ)。
樹齢500年、根元の周囲は4.5メートルもあるという。
c0080357_184246.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-04-29 18:45 | 本郷/小石川/春日/神楽坂
<< 新宿3丁目/歌舞伎町/新大久保... 都立赤塚公園ほか  オアシス >>