館山  磯玉登場

春を味わいに洲埼(すのさき)灯台を訪れた。
3年ぶりだが、もう何度も来ているので、久しぶりという気がしない。
凡庸な腕前ゆえ、以前撮ったアングルと同じになってしまう。
c0080357_23162748.jpg

c0080357_2317793.jpg

洲埼栄浦港が見える。
c0080357_23171687.jpg

観光地っぽくなく、ひなびた風情が残っている。
静かな路地。6年前も撮った
c0080357_23173394.jpg

海に続いている。
c0080357_23174814.jpg

ほら。
砂浜ではないので、足下はかなり滑る。
c0080357_23181253.jpg

振り返ると、洲埼灯台。
c0080357_23182816.jpg

再び灯台まで戻り、おなじみ森田屋商店で自家製ところてんをいただく。
近くの浜で採れたテングサが使われている。
今回は赤いゼリー付き。
ちなみに、グラスのイラストは、懐かしいサントリーのペンギン。
c0080357_23191178.jpg

こちらも地元産の、ひじき。
c0080357_23193671.jpg

店のおかあさんはいつも気前がよく、この日はこれをご馳走してくれた。
通称・磯玉(いそだま)。
正式にはクボガイというそうだ。
東京のスーパーなどでは見たことがない。
初めて食べた。うまい!
c0080357_23195595.jpg

手前がテングサ、奥がひじき。
c0080357_2320664.jpg

さて、幸せな気分になったところで、また歩きだそう。
矢尻の井戸。説明省略。
c0080357_23201597.jpg

青空と売地。
c0080357_23202364.jpg

廃屋となってしまった別荘?
c0080357_23203290.jpg

路傍の地蔵さんたちに立派な生花が手向けられていた。
やさしい人が住んでいるんだね。
c0080357_23204599.jpg

坂田(ばんだ)。
海水浴場がある。
c0080357_23214130.jpg

c0080357_23215990.jpg

c0080357_23221265.jpg

館山で死にたい。
c0080357_23222084.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-04-01 23:29 | おまけ
<< 都立赤塚公園/中野区弥生町/赤... 横十間川/小名木川/仙台堀川 ... >>