鎌倉  空き家の街

滅多にないことだが、鎌倉に行った、一人で。
市立中央図書館で資料を探すためです。
それはさておき、用事を済ませた後、駅の周辺をブラブラしていると――、
微妙にカーブする石畳の向こうから「昭和」な匂いが馥郁(ふくいく)と香ってきた。
c0080357_18275249.jpg

わあ、煙突だ。
c0080357_18283318.jpg

お邪魔しますよ。
c0080357_18284688.jpg

振り返ると、ああ、なんて「昭和」な。
でも、ひとけがない。
c0080357_1829361.jpg

門扉だけが残されていたり、
c0080357_18291199.jpg

機械式の井戸ポンプが錆びついたままになっている。
c0080357_18292190.jpg

郵便受けにチラシがたまったままだったり、
c0080357_1829308.jpg

郵便受けが取り外されている家屋もある。
c0080357_18294067.jpg

覗いてみると、あ、呼び鈴。
鳴らしても、誰も出てこないだろう。
いや、そもそも鳴るのか。
c0080357_1829518.jpg

こちらは屋根付きのインターホン。
ナショナル製だ。
c0080357_1830136.jpg

この大量の石は、家屋を解体した際に出たものだろうか。
c0080357_18301558.jpg

c0080357_18302686.jpg

すぐ裏手には江ノ電が走っている。
c0080357_18303466.jpg

腹減った。
若宮大路に出ると、鎌倉中央食品市場の一角に真っ赤なラーメン屋が。
「大新」にて大新ラーメン750円をいただく。とんでもなくうまい。
先週の上板橋でもそうだったが、ふらりと入った店でうまいものをいただくと、すごくうれしい。
c0080357_1830454.jpg

再び歩くと、通り沿いに空き家。
ガラス窓の向こうも枯れている。
似たような光景を見たことがある、と思い出したのが、荒川区荒川で見た家屋だ。
c0080357_18305767.jpg

ゆく川の流れはたえずして。
c0080357_18325867.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-02-15 18:43 | おまけ
<< 竹橋  東京マラソン 台場  シクロクロスを観に行った >>