檜原(ひのはら)村  紅葉する!大岩壁

通称「気づきベル」。
ふだんはクロスバイクに付けている、サビついた鈴が今回の旅のお伴。
「熊よけ鈴」の代用品として、チャリンチャリン鳴らしながら行くのだ。
なにせ、東京のはずれのここ檜原村ではツキノワグマが目撃されているそうだから。
c0080357_18391520.jpg

目指すは、2カ月半前に初めて来た神戸岩(かのといわ)。
紅葉の時季に必ずまた来ようと思っていたが、タイミングが合わず、ようやく代休の本日19日(木)、再訪することができた。
路線バスを下りるなり、北秋川沿いの紅葉が出迎えてくれた。
c0080357_1840642.jpg

朽ちかけた小屋が点在している。
何だろうね。
上流にマス釣り場があるが、この小屋は、海岸で言えば番屋のようなものかな。
って、テキトーだが。
c0080357_18405019.jpg

残念ながら曇り空なので、鮮やかさに欠けるが、まあまあだ。
前回も、ほぼ同じ位置から撮影した。
c0080357_18411892.jpg

神戸岩まで道のりでは、小さな滝や川の水音がずっと響いている。
c0080357_2085091.jpg

c0080357_184278.jpg

「神戸」と書いて「かのと」って、フツー読めないよ。
c0080357_18422017.jpg

ほら、神戸岩が向こうに見えてきた。
c0080357_18432854.jpg

左右に屹立する岩壁。これぞ深山幽谷。
この渓谷に、北秋川の支流・赤井沢が流れている。
眼下に急流を見ながら、渓谷を行くのがスリリングで楽しい。
c0080357_18443840.jpg

振り返ると、落葉の道。
c0080357_18445827.jpg

さあ、行こう。
2カ月半前は、この神戸隧道(ずいどう=トンネル)で先回りして岩壁沿いに戻ってきたが、今回は――、
c0080357_18455395.jpg

正面から行く。
あの梯子(はしご)を伝って。
c0080357_18461220.jpg

この梯子ね。
c0080357_18472065.jpg

まず、こうして下ってから、梯子を登る。
雨上がりなので、足下も梯子もすべるすべる。
c0080357_18473825.jpg

これよ、これ。
岩壁の向こうに紅葉――と想像していた風景が目の前に現れた。
杉林でなくて、よかった。
これを見たかったのさ。
c0080357_18484954.jpg

右側のチェーンを伝って行く。
チェーンも濡れていて、危ない。
が、それもまたよし、神戸岩。
c0080357_18493740.jpg

愛してるよ、神戸岩。
c0080357_18501265.jpg

c0080357_1851921.jpg

あっという間に踏破(というほどでもない)。
先ほどの神戸隧道から戻る。
c0080357_18512438.jpg

んじゃ、帰ろう。
帰り道、不細工なリス君に遭遇。
次に来るのは来年の新緑の頃かな。
c0080357_18513725.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-11-19 18:59 | おまけ
<< 駒込/王子/赤塚公園  三叉路... 王子/西ケ原  雨の北部戦線 >>