秋の奥多摩/青梅/西早稲田  紅葉はまだピークじゃない

1年ぶりに秋の奥多摩路をサイクリング=代休の5日(木)。
今回も奥多摩駅そばの「TREKKLING」でクロスバイクを借りる。
運良く快晴だわい。行くど!
c0080357_23241192.jpg

自転車を漕ぎ始めて間もなく、白丸トンネル(青梅街道)の脇を走る旧道に数馬隧道(かずまずいどう)が現れる。
素掘りのトンネルだ。
c0080357_23243367.jpg

車両通行禁止のため、自転車でゆっくりと隧道を抜けると――、
c0080357_23244433.jpg

本日は「数馬の切り通し」を訪れたいと思っていた。
このあたりのようなのだが、これは入口だろうか。
手すりは旧道沿いに意味もなくあるだけで、石の階段沿いにはない。
かなり急で危険な道なき道を行くはめに。
c0080357_2325036.jpg

ずいぶん高いところまで上ってきた。
手すりがあるので目的地は近いのか、と思いきや、この先は行き止まりだった。
仕方ないので、山道を戻る。
c0080357_23272552.jpg

薄暗い山中を行く。
不安になってきた。
c0080357_23273893.jpg

お、案内板があったぞ。
切り通しの開削は元禄の頃、と書かれている。
さらに「向かい側に宝暦年間の供養碑がある」という。
向かい側だと?
c0080357_23275542.jpg

振り返ると、おお、これぞ供養碑。
そして、この先が数馬の切り通しか?
c0080357_23281495.jpg

おお、まさに!
c0080357_23282485.jpg

反対側から撮ると、こんな感じ。
c0080357_23283349.jpg

で、来たときの道と異なる道を下りていくと、こんな道しるべが。
なんだよ、要するに本来の入口ではないところから入ったわけか。
それにしても、平日のせいか、ここまで誰一人すれ違うことなく来た。
c0080357_2329092.jpg

気を取り直して、メシにしよう。
ロケーション抜群でよく行った「アースガーデン」はいつの間にか、蕎麦などのメニューが消え「お肉カフェ」に変身したとのことなので、釜飯に変更。
青梅街道沿いの「鳩の巣釜めし」にて、きのこ釜めしセット1,500円などを注文。
うまいっ! ボリュームも文句なし。また来るでござんすよ。
c0080357_23291320.jpg

数馬橋から多摩川を望む。
c0080357_2330396.jpg

雲仙橋から遠望できるはJR青梅線。
c0080357_23301918.jpg

雲仙橋を渡ってしばらく行くと、こんなところに庚申塔。
路地の入口に、きれいに祀られていた。
c0080357_23303078.jpg

何だかよく分からん花の壁の前にて。
c0080357_23303768.jpg

御岳橋上から。
今年の紅葉は例年より早い、とみていたが「紅葉度」は意外にも6~7割といったところか。
全く色づいていないカエデも少なくなかった。
c0080357_2330491.jpg

御嶽駅近くで。
何度も通っても好い田舎道だ。
c0080357_2331421.jpg

柚がいたるところに。
c0080357_23311035.jpg

澤乃井園そばの楓橋。
昨年11月8日に撮った写真は、こちら
ほぼ同じ時期だが、昨秋のほうが紅葉が深い。
それでも、今年も奥多摩の秋を満喫したね。
c0080357_23311947.jpg

でもって、青梅駅へひたすらペダルを漕いだ。
駅近くにはこんな店々が並んでいる。
c0080357_23312887.jpg

c0080357_23313734.jpg

電車の中で爆睡しながら高田馬場まで戻り、西早稲田へテクテク歩く。
明治通り沿いで赤提灯に誘われ、本日終了。
c0080357_23314724.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-11-05 23:35 | おまけ
<< 王子/西ケ原  雨の北部戦線 上野/湯島  デリーに行けばよかった >>