千葉・銚子  銚子電鉄で灯台を見に行く。

ふと犬吠埼(いぬぼうさき)灯台を見に行こうと思い立った、銚子電鉄に乗って。
銚子駅でJRから銚電に乗り換え、終点から2つ手前の犬吠駅で下車する。
高校生の頃の元旦に、銚電で犬吠埼に行ったことがある。その時も、ふいに、だった。
わたしの人生は昔も今も、「思いつき」ばかりだ。
c0080357_1028020.jpg

犬吠駅の周囲にはこんな風景が広がっている。
かつては「灯台前」という駅名だったんだね。
「灯台前」というには、灯台まで距離があるが。
c0080357_1028841.jpg

今回利用したのは、自由に乗り降りできる1日乗車券(620円)。
名物・ぬれ煎餅がついてくるよ。
c0080357_10281599.jpg

10分ほど歩くと、犬吠埼灯台。
灯台はやっぱり青空に映える。
c0080357_102823100.jpg

灯台のまわりは散策路として整備されている。
大きなヘビが前を横切っていったよ。
受付の女性によると、ウサギも生息しているという。
c0080357_10285450.jpg

入口の前のポストも白い。
若かった頃の妻に、絵はがきを出してみたくなる。
「この次は君と来たい」とかテキトーなこと書いて。
c0080357_102935.jpg

海を見るのは、この夏初めてだ。
千葉はどこも好いね。
c0080357_10291768.jpg

灯台に別れを告げ、再び銚電に乗り、終点の外川(とかわ)で下車。
c0080357_10293010.jpg

引退した車両が出迎えてくれる。
c0080357_102938100.jpg

待合室の旅客運賃表がいい味出している。
c0080357_10294711.jpg

外川駅を後にして、海辺を目指す。
電柱に直に駅名が書いてある。
c0080357_1029568.jpg

地元の不動産事情などをチェックしつつ――、
c0080357_1030498.jpg

やっぱり、ビール。
定食がうまかったよ~(写真撮り忘れ)。
途中の古びた駅をもっと撮りたかったが、時間調整が上手くいかず、断念。
また、今度な。
c0080357_10301664.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-08-16 10:39 | おまけ
<< 中野区中野  不労所得の路地 都内  群れる >>