赤羽西/十条仲原/中十条/王子/大塚ほか  紫陽花@坂と階段の街

梅雨の一日、紫陽花を求めて、坂と階段の街を歩きました=代休の本日10日(水)。
先ずは赤羽西。
c0080357_21112781.jpg

c0080357_21114814.jpg

坂を上り下りして、香取神社。
戦災復興記念碑は昭和35(1960)年建立。
c0080357_21124423.jpg

街を見下ろしながら、ぐだぐだ中のニャン吉。
c0080357_21131258.jpg

水車の坂。
大昔は、この下に水車があったそうだ。
c0080357_21153113.jpg

c0080357_21154240.jpg

今回、赤羽から十条にかけて歩いたのは、この階段を再訪するため。
2年前に初めて訪れ、紫陽花の季節はさぞかし美しい階段なんだろう、と期待したのだが……、
紫陽花の花、少なすぎ。
c0080357_2116108.jpg

よく見ると、葉は繁茂しているのだが、なぜか花芽が少なく、また茎ごと摘まれた痕もあった。
c0080357_21162639.jpg

2年前に比べ、手すりが新設され、階段そのものもコンクリが新しくなっていた。
でも、鬱蒼とした様子は変わりない。
c0080357_21163916.jpg

さらに歩くと、マンションの横に、もっと鬱蒼とした階段。
森閑としている。
高尾山か。
c0080357_21165558.jpg

頂上にたどり着き、振り返ると、右側に赤い鳥居が見えた。
行ってみよう。
c0080357_2117729.jpg

若宮八幡神社。
そうだ、何年か前に違う階段から来たことがある。
c0080357_21172353.jpg

ここにも紫陽花。
c0080357_21173475.jpg

清水坂に下り、環七を越えて、ここ王子稲荷神社。
平日なのに、結構な人出だった。
c0080357_21174688.jpg

でもって、さくら新道。
ほんの数年前までは、平日だと閑散としていたのに、ここもまた人出多し。
いつからにぎやかになったんだろう。
c0080357_2118366.jpg

c0080357_21181123.jpg

どうやって撮っても人が写り込んでしまう。
なので、マクロレンズ投入。
c0080357_21182325.jpg

c0080357_2119449.jpg

c0080357_21184728.jpg

c0080357_21194059.jpg

さて、坂と階段ってことで、王子から都電に乗って、久しぶりに大塚5丁目を訪れる。
紫陽花の代わりに、「マルフク」。
c0080357_21203441.jpg

この井戸、以前は枯れていたが、防災用井戸として、再生されていた。
c0080357_21204566.jpg

最後は、紫陽花の巨木を。
まだ満開ではないが。
c0080357_2120883.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-06-10 21:34 | 滝野川/王子/赤羽
<< 紫陽花  秘密の花園 千葉・勝浦  岬めぐり >>