千葉・勝浦  岬めぐり

写友とともに、久しぶりに勝浦を訪れる。
朝市。
c0080357_10404585.jpg

串焼きをパクつく写友たち。
おらは、カツオ串焼き300円をいただく。うまし。
c0080357_10413792.jpg

駅前のスナック。
海の街らしく「深海魚」だ。
「万上焼酎トライアングル」が懐かしい。
c0080357_10415371.jpg

「和風スナック 涼」。
どう見ても、フツーの民家だが……。
c0080357_1042155.jpg
遠見岬(とみさき)神社を詣でる。
c0080357_1041453.jpg

再び朝市会場。
朝飯、というか昼飯。
プーさんのぬいぐるみが目印の「居楽屋 奈美」に入る。
c0080357_1042972.jpg

奮発して1450円の定食をいただく。
うまくて失神しそうだった。
c0080357_10421895.jpg

銭湯。
2年前に訪れた時から、看板が新しくなっていた。
c0080357_10422857.jpg

勝浦駅の1つ隣、鵜原(うばら)駅で下車し、いよいよ岬めぐりスタート。
ホームで撮影中の写ガール。
c0080357_10423950.jpg

入り江には小さな漁港がいくつかある。
ガールにポーズを取ってもらった。
c0080357_10424980.jpg

こんな隧道(ずいどう=トンネル)も、たくさんある。
c0080357_1043325.jpg

といっても、個人的にはもう何度目かの岬めぐりなので、実は今回、大して撮ってない。
c0080357_10431430.jpg

かつうら海中公園の展望塔。
c0080357_10432399.jpg

リアス式の海岸線を下っていくと、こんな風景に出合える。
足もとには、もの凄い数のフナムシがザザザッと、まるで人影のように這いずり、ガールの悲鳴絶えず。
c0080357_10433786.jpg

途中は大幅に割愛。
夕飯は「ニュー福屋」にて勝浦タンタン麺630円と生ビール。うまし!
勝浦はタンタン麺の街でもある。
c0080357_10434885.jpg

ところで、店の若い女性と話していたら、彼女の学生の友人が毎日、勝浦から京王井の頭線・明大前まで通学しているという。
毎日、だよ。
c0080357_10435841.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-05-24 10:50 | おまけ
<< 赤羽西/十条仲原/中十条/王子... 千葉・市川  バラの香りにむせかえる >>