千葉・館山  布良に遊ぶ

館山の布良(めら)を、JR 内房線と路線バスで訪れました=代休の30日(木)。
海よりまず温泉に、と向かったのが、ここ、安房自然村の「不老山 薬師温泉」。
洞窟が入口。いきなり旅心をかき立ててくれるね。
c0080357_11293055.jpg

ところどころに明かりがあるので、不自由ではないが、本当にこの奥に温泉があるのか?
c0080357_11302434.jpg

と思ったら、ここからは土足禁止。
靴を脱ぎ、貴重品などをロッカーに入れて、さらに行くと――、
c0080357_11304896.jpg

お、見えてきた。
向こうが、洞窟と接した建屋部分だ。
c0080357_113106.jpg

到着。
洞窟から来ると、どこでも見かけるフツーの風景に、ちょっと面食らう。
c0080357_11311222.jpg

露天風呂がある。
先ほどの洞窟は天然のものではなく、1973年に掘削されたそうだ。
c0080357_11323323.jpg

タテ構図も。
c0080357_11324066.jpg

さあ、温泉の後は食事だ。
宴会場で食べるんだよ。
昭和の香り満点だね。
c0080357_11325236.jpg

注文したのは、くじら陶板焼き定食。
ステーキみたいで、すごいボリュームだった。
くじらを食べたのは久しぶりだ。
温泉と定食のセットで1,500円(それぞれ別の料金でも楽しめる)。
c0080357_11325875.jpg

実は洞窟ではなく、こちらの方から入った。
c0080357_1133820.jpg

この玄関は今は使われていないようだ。
c0080357_11334155.jpg

腹も満たされ、お肌もツルツルになったところで、近くの山の展望台に向かう。
途中、振り返ると「いやいやえん」に出てくるような森が。
ハクビシンに出合ったよ。地元の人によると、森にはイノシシもいるという。
c0080357_113404.jpg

展望台。
よく晴れた日は、富士山が遠望できるそうだが、残念。
c0080357_113487.jpg

が、午後から青空が広がってきた。
阿由戸(あゆど)の浜。
このあたりは、3年前にも自転車で来た(珍しく動画付き)
青木繁が明治37(1904)年、ここを舞台に「海の幸」を描いたこともで知られ、浜を望む丘には記念碑もあり、彼が滞在した漁師頭の民家も残されている。
館山は洲崎も好いが、布良も好い。
c0080357_11341643.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-05-01 11:39 | おまけ
<< アジサイ/トケイソウ  0.5分咲き 上野桜木/谷中  崖上の初夏 >>