西日暮里/谷中/入谷/鶯谷  台地を行く

山登りをしました。
といっても、ご存じ、道灌山(どうかんやま)。
西日暮里駅の裏手(西側)です。
c0080357_941810.jpg

あっという間に頂上に着き、南下して諏方神社を詣でる。
こちらは、神社脇の地蔵坂。 西日暮里駅が見える。
アジサイの季節に撮った写真は、これ
c0080357_9412645.jpg

谷中霊園。 ネコと墓と洗濯物なのだ。
c0080357_9414179.jpg

台地からJR側を望む。
空が広い。 一帯に惹かれるのは、こんな開放感を味わえるからです。
c0080357_941513.jpg

霊園の端にポツンと、十字架が刻まれた墓石。
明治期のものだ。
c0080357_942926.jpg

尾根から下り、入谷へ向かう。
昨年、本を書いた時に取材した太郎稲荷大神。
c0080357_9424945.jpg

民家にはさまれた参道を行く。
c0080357_943479.jpg

いくつも掲げられた額装写真は、近所の人たちのバス旅行の記念だ。
ある時期まで毎年続き、盛況だったという。
c0080357_9431799.jpg

こんなところに、夏の名残が。
c0080357_9432936.jpg

美しき鶯谷の冬。
何棟ものホテルで、何組ものカップルが今ごろ……。
さて、帰って、ひとっ風呂浴びて、ビール飲もう。
c0080357_9434041.jpg

自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、太郎稲荷大神をはじめ、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-12-24 09:48 | 根津/谷中/千駄木
<< 秋葉原  正月も変わりなし 丸の内/銀座  師走カラー >>