柴又/江戸川/下矢切  五月万歳

秋葉原に買い物に行くつもりが、ふと気づくと、柴又にいました。
c0080357_2211278.jpg

帝釈天題経寺の玉垣に、寅さんやさくら、おばちゃんの名が。
昭和50年(1975)造立。「男はつらいよ」シリーズ第1作公開の6年後だ。
c0080357_21541514.jpg

さて、江戸川へズンズンと。
荒川も好きだが、江戸川も好いよ。
c0080357_2212258.jpg

桟橋(写真・中央)から矢切の渡しに乗って、江戸川を超えよう。
大人200円。
c0080357_22121971.jpg

c0080357_22123487.jpg

川面を渡る風が気持ちいい。
五月万歳!だね。
c0080357_22124620.jpg

対岸(千葉県松戸市下矢切)の桟橋は、こんな感じ。
c0080357_21574611.jpg

土手へ。
c0080357_2213477.jpg

土手から下って現れるは、キャベツ畑。
そうそう、こんな風景を見に来たのよ。
田んぼもある。 ちなみに3年前は、こんな感じだった。
c0080357_22131981.jpg

さあ、そろそろ秋葉原に向かうか。
再び桟橋まで来ると、向こうから来る渡しに何と自転車が乗ってる。
乗船客が少ない時はOKだそうだ。
c0080357_2213507.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-05-10 22:06 | おまけ
<< 千葉・いすみ  海辺の地蔵堂 川崎  石仏の森に新緑満ちて >>