茨城・稲敷  竹林と桜花の五百羅漢

五百羅漢がいらっしゃると聞き、JR常磐線と路線バスを乗り継ぎ、瑞祥院にお邪魔しました=代休の本日31日(月)。
寺の裏山に安置されているいう。 ふもとの階段で迎えて下さった。
c0080357_19471937.jpg

鬱蒼と、竹林。
ここを抜けると頂上で、そこに羅漢さんが……見えてきた。
c0080357_19473035.jpg

わ、さすがにスゴい数。
c0080357_19474658.jpg

整然と。
c0080357_19494113.jpg

竹林に向かって。
c0080357_1949539.jpg

東京都心は昨日、桜が満開となったが、ここではまだ6分咲き。
c0080357_1950129.jpg

それでも、羅漢をやさしく彩る。
c0080357_19501011.jpg

えへへ。
c0080357_19501841.jpg

小野川が望める。 その先は霞ヶ浦だ。
直線距離だと、上野から約56キロ。
というと近そうだが(実際、チャリでもこの距離なら楽チン)、あくまでそれは机上の話。
実際には、JR常磐線・土浦駅からバスで延々50分もかかった。
c0080357_1950259.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-03-31 19:52 | おまけ
<< 板橋区南町  お堂の春 赤塚公園/飛鳥山公園/上野公園... >>