綱島  ゆるゆる新年会

今日は写真仲間の新年会。
会場はここ「綱島ラジウム温泉東京園」、通称「綱島温泉」なのだ。
横浜なのに、なぜか「東京園」。
細かいことは気にせず、さ、入るべ。
c0080357_10195883.jpg

おっと、いきなり飛び込んできた、この光景。
まるで湯治場じゃないか。
そこここで客が無造作に横たわっている。
そういえば昔、北海道の秘境・二股(ふたまた)温泉でも似たような光景に遭遇したな。
c0080357_10204784.jpg

将棋台があったり、
c0080357_1021292.jpg

古いのか新しいのかよく分からないコーク(瓶、1本130円)の自販機があったり。
ちなみに、綱島温泉の開業は昭和21年(1946)。
c0080357_10211439.jpg

庭が広く、初夏は気持ちよさそう。
向こうに見えるのが、われらが新年会会場の大広間だ。
c0080357_10212985.jpg

大広間は館内に4つ。
なんと、飲食の持ち込み可だ。
予約などなく、テキトーに座ってよし。
だから、おらたちも含め、老若男女がダラダラなごむ、なごむ。
c0080357_10215328.jpg

宴が始まり、楽しそうな同志。
手前のじいさんじゃないよ、舞台の美脚ガールだよ。
今回参加した2名の写ガールたちは大広間の人気者となり、カラオケ代(1曲100円)をじいさんたちからプレゼントされていました。
「おひねり」かっての。
c0080357_10232288.jpg

厨房もあり、メニューも豊富で安い。
c0080357_10233167.jpg

c0080357_10235341.jpg

魚肉ソーセージもあるでよ。
c0080357_1024950.jpg

ユルさ加減がクセになりそうな綱島温泉。
Tシャツのイラストも「昭和」すぎる!
また、行くべ。
c0080357_10243067.jpg

ところで、わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊。
[PR]
by muffin-man | 2014-01-30 10:28 | おまけ
<< 都電  死体禁止 品川区旗の台  銭湯あらため釣り堀 >>