千葉・鋸山4  「お穴」からこんにちは

自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』でも触れましたが、稲荷神社には、このような「お穴」があったりします。
それは全て、全国の稲荷神社の総本宮、京都の伏見稲荷神社につながっている、とされています。
この狐像は「お穴」からまさに飛び出してきた瞬間を表現したものと思われます。
ひょっこり顔を覗かせる狐と、ジャンプ一番の狐――柔和なお顔ともども素晴らしい造形です。
c0080357_12351988.jpg

岩壁に祠(ほこら)がビルトインされています。
いずれも10月28日、鋸山(のこぎりやま)の乾坤(けんこん)稲荷で。
c0080357_12353897.jpg

[PR]
by muffin-man | 2013-12-21 12:49 | おまけ
<< 千葉・勝浦  また行くよ 千束/今戸  初冬の下町 >>