中野区弥生町/上十条/池袋本町  三叉路のナゾ

地蔵堂というのは、なぜか、このように三叉路に建っていることがある。
まずは、寛政8年(1796)造立の「向台の地蔵尊」=中野区弥生町。
大正期初めまで続いた念仏講の人々が造ったという。
c0080357_10435350.jpg

こちらも三叉路に建つ「姥ヶ橋(うばがはし)延命地蔵尊」=北区上十条。
8月には縁日が開かれる。
c0080357_1044767.jpg

さらに。
池袋本町の「子育地蔵尊」。
不思議です。なぜ、三叉路なのか。
c0080357_10442341.jpg

三叉路に建つ地蔵は、都内には他にもあります。
自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』で触れてみました。
[PR]
by muffin-man | 2013-12-09 10:46 | 滝野川/王子/赤羽
<< 埼玉・寄居  五百羅漢・その1 本、書きました >>