千葉・富津公園  戦争遺跡を見に行く 3

林間を歩いていると、異様な構造物が現れた。
ここは今でこそ公園だが、戦前は陸軍用地で、銃砲器の性能試験が繰り返された。
あれは、軍の倉庫か何かだろうか。
c0080357_1131131.jpg

左右対称ではない。
c0080357_1132854.jpg

前に回ると、トンネルのような。
c0080357_1134453.jpg

中に入ってみる。 足下は砂だ。
帰京して調べると「射入窖」(しゃにゅうこう)という、発砲試験が行われた施設で、下が砂なのは、弾を受け止めるためという。
c0080357_114152.jpg

さらに行く。
前回の「炭団」の兄貴分のような構造物が見えてきた。 ちょっとだけ「ガチャピン」に似ている。
c0080357_1141953.jpg

正面には、銃眼のような穴が開いている。
c0080357_1143514.jpg

うしろはこんな姿。
これも炭団と同様、「観測壕」とも「監視所」とも呼ばれた施設だ。
穴から銃砲器の試射の様子を観測したという。
c0080357_1145563.jpg

これらの戦争遺跡は、あと3カ月もすれば緑に埋もれ、再び人目から隠されてしまう。
だが、落葉の季節が訪れても、深い森の中、気づく人は多くはないだろう。
まして、構造物が一体何なのか、を知る人も(現地には案内板などは一切ない)。
戦争遺跡は21世紀の今日、静かに眠るだけだ。
arakawa2011をフォローしましょう

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2013-03-20 21:00 | おまけ
<< 板橋区加賀/飛鳥山公園  早す... 千鳥ヶ淵  夏日の桜 >>