千葉・勝浦 3  岬に巨大なあれが!

白鳳(はくほう)岬。
風もなく、一帯が日だまりです。
ん、あれは?
c0080357_12552382.jpg

林間に道がある。
もしかしたら、また入り江に下りることができるのかな。
行ってみよう。
c0080357_12554152.jpg

しばらく歩くと、石段が現れ、頂上に小さな社が見えた。
手前の鳥居は錆びて、鉄筋もボロボロ。
どれだけ長年月を経ているのだろう。
c0080357_12565465.jpg

大杉神社。
閂(かんぬき)が掛かり、参拝を拒んでいるかのようだ。
c0080357_1257178.jpg

が、柱にこんな板が打ちつけられている。
辛うじて、読める。
「扉を開けて参拝下さい」
で、閂を外し、扉を開けてみると――、
c0080357_12575460.jpg

何だ、あの大きな灰色の物体は?!
ここにも何か書いてあるぞ。
「安政時代に地元の漁師達が捕えた鯨の頭の骨」
スゴいね、1854~59年のことですな。
c0080357_12581697.jpg

近くに、由来を書いた案内板がありました。
それによると、この神社は茨城県桜川村(現・稲敷市)の大杉神社から分身したもので、元々は約600年前に、海上安全や大漁を祈願して建立されたという。
何もかも古色蒼然としているが、鯨骨の横のみかんや饅頭などの供物だけは真新しく、今でも信仰されていることがうかがえる。
arakawa2011をフォローしましょう

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2013-01-23 21:00 | おまけ
<< 千葉・勝浦 4  灯台へ 千葉・勝浦 2  岬めぐり >>